読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく日記

メインのブログでは書かない/書けない話をのんびりと書きます。

macbook pro 2016年モデルについて

f:id:nan1079:20161203071832j:plain

これは2015年earlyモデルですが。

アップルのノートパソコン、2016年の秋にやっと一年半ぶりに新モデルが出たけど、めっちゃ薄くなって(キーボードも打ちにくくなって)、ファンクションキーがタッチパネルになって、でた。

いつも思うのだけど、ここまでの薄型化、要らなくねえか?本当に薄いもの軽いものが欲しい人はiPadにすればいいんです。前からずっと思っているが、ノートブックの進化形はiPad Proのようなタブレットなので、より薄いもの軽いものが欲しい人はiPad使えばいい。iPad Proなら専用のキーボードもオプションでつけれるし。友人にそのキーボード持ってる人がいて触らせてもらったけど悪くなかった。意外とクリック感があってよかった。

ただでも、を多少重くても安定した物理キーボードのあるノートパソコンを使いたい人は少なからずいる。そのためにキーボードはしっかりしたものを残して、その分厚みが増したり重くなったとしても、そういうmacbookは残しておいて欲しかったなあと(そういう意味では私は2015年earlyモデルを選んで正解だった)。

あとタッチバーについてですが、将来的なキーボード全てのタッチパネル化の布石?とか考えたことがあります。でもキーボードのタッチパネル化はタブレットが既にあんなにスマートな形で達成してる訳で、私には存在意義がわかりません。

でも、ヨドバシでタッチバー付きモデルを触る機会があって触ってみると、これが面白かった(笑)↑上であんなにディスってるのに(笑)。いろんなアプリケーション立ち上げる毎にタッチバーが変わって、おおっと思い、触ってみておおっと思う(笑)。プロほど物理的ファンクションキーにこだわってて文句たらたらなのですが、そうじゃない人はこれもありじゃないかなと思いました。

良かれ悪かれ、自分自身の当たり前を壊して革新していこうという気持ちはアップルにはまだあるんやな。私がついていけないだけかも。ただねえ、でもノートパソコンについては思う、使いやすいキーボードのついたノートは残して。