なんとなく日記

メインのブログでは書かない/書けない話をのんびりと書きます。最近はホライゾンゼロ日記ばっかりです。

中谷宇吉郎のエッセイ集

(写真準備中)

雪は天からの手紙―中谷宇吉郎エッセイ集

中一の子供に読まそうと思って買ってきてとりあえず自分で読んでみた。子供にはちょっと内容が難しく思われ、子供に読ますのは断念した。

しかし、久しぶりに昔の教養のある人の文章を読んでて背筋がピンと張る思いをした。ひとつひとつのエピソードや文体やなんかに格調高さが自然と滲み出ていて、こっちまで姿勢を正して読まないといけない気分だ。昔、湯川秀樹の自伝みたいなものを読んだことがあったが、同じ雰囲気を持っている。

「立春の卵」「地球の丸い話」等はエッセイとして非常に感心した。エセ科学がはこびっているのは今も昔も変わらないのか、と思った。